<   2004年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

夢中になる

実家の母はますますめだかに夢中だ。
相変わらずぽこぽこ卵が生まれて、いま実家には
めだかの赤ちゃんが何十匹いる。
近所に配りまくっても、まだあり余る程だ。

あまり物事に熱中することのない母が、めだかにはもう夢中。
稚魚用のえさを飼ってきたり、ペットショップでまめに世話の仕方を
聴いてきたり、とにかく楽しそう。
わずか数日間で、ちょっとしためだか博士になっていた。
家のどこに水槽を置けば一番卵が孵化し易いかまで、研究したらしい。
(単によく日が当たるところなのだが)

なんだかまるで子供みたいだ(笑)
ああ、でも子供の頃ってこうやって夢中になれることって、沢山あったな。
とにかく好きだから、そのことに関してやることなすこと総てが
楽しかった。
どうして大人になると、夢中になれることが減ってしまうのだろう?
ふと、そんなふうに思ってしまった。
[PR]
by uchan4123 | 2004-06-30 23:34

幸せは創るもの

伊藤守さんの「楽しく生きる100のヒント」の中に

「あなたが創りだせる以上の幸せは、結婚したからといって、ついてこないの」

という言葉があった。
「おおー、なるほど!!」と思わず納得。
結婚する時ってどこかで、相手が幸せをもたらしてくれるって、ちょと依存的に
考えちゃっているんだよね。得に女性には多いんじゃないかな。
私は思いっきり、そうだった。
結婚すれば、「今よりもっと幸せになる、幸せにしてもらえる!」って思っていた。だからプロポーズの時も「絶対に幸せにするよ」という言葉をウキウキしながら待っていたのだ。
ところが、うちのだんなときたらあまりにも素直?な人だったので、なんと「絶対に幸せに出来るかどうかはわからない」と宣うたのだ!!
「幸せにする為に全力で努力します。でもいつ自分が死ぬかわからないし、もしかしたら路頭に迷うかも知れない、だから保証は出来ない。それでも良いですか?」というような感じだ。
別に当時は身体もいたって健康だったし、経済的にもさほど問題なかった。
ただ将来はわからないよ、それを承知で一緒になれるかと聴いてきたのだ。
私は、当初めちゃめちゃ戸惑った。
「えー、絶対に幸せにするって保証してくれないの!!」と憤りまで感じた。
でもだんなの言っていた事って、”事実”なんだよね。
未来ってどうなるかわからないし、人間がいくら努力してもどうしよもないことだって起こりうる。
だから”幸せにする保証”なんて出来ないんだ。
そう気付いてから、私は更に自分が如何に”幸せにしてもらう”という所に
立っていたかを思い知った。”幸せ”は人からもらうんじゃなくて、自分で築いていくものなんだって、このとき始めてわかったのだ。
幸か不幸かだんなの一言で、私の思考は180度転換されたのである。

おかげで、現在も恙無く幸せに過ごしております。
だんなは相変わらず、素直で正論ばかり言っておりますが(笑)
[PR]
by uchan4123 | 2004-06-29 22:13

続いてます

「やらなくちゃ」から「やってみよう」に、意識を変えてみようと
思い立って、今日で5日?程。
ちょっとずつ自分も生活も変わってきてる。

まずは、朝はちゃんと早く起きて旦那を見送っている。
(いつもはあまりにも早いので寝てたー。ごめんね。)
仕事もきっちり時間を決めて取り組んでいる。
それでもって、先延ばしすることもだんだん減っていってる。

なんとなく今まで以上に、心のゆとりも生まれている気がする。
行動に移すのが楽になったかな。
これから更にどう変化するか、乞うご期待!!
[PR]
by uchan4123 | 2004-06-28 16:02

めだか

実家からもらっためだかの卵が、先日孵化した。
今、5匹が元気よく水槽(といってもただの器だけど)の中を泳いでる。
めだかなんて飼ったの、小学校以来かも。
そういえば、小学校の時はめだかだったりおたまじゃくしだったり、
はたまたいもりだったり、いろんなものを飼っていたよなあ。

めだかは、まだまだ1㎝にも満たない大きさ。
そのくせ目玉ばっかり大きくて、まるで
宇宙生物のように見える(笑)
なんだか毎日見ていたら、とてもかわいくなってしまい、
ずぼらな私にしては、信じられないぐらいまめに世話をしている。

こうやって生き物を育てる喜びを、久しく忘れていた。
今までは、「育てるのが面倒くさいとか」、「死んじゃうかもしれないし」
と思って、ずっと避けてきた。
でも今はめだかが5匹いるだけで、生活の中にちょっとした
”幸せ感”が生まれている。

今日もめだかちゃんに挨拶してから、寝まーす。
[PR]
by uchan4123 | 2004-06-27 22:53

歌うぞ!!

まりこちゃんと、ジャズボーカルスクールの見学に行く。
やっぱり歌はいいよ!!
めちゃめちゃ楽しいし、ワクワクする。

小さい時からとにかく歌う事が大好きだった。
人前で話をするのは苦手だったけど、何故か歌うのはそんなに
緊張しなかったんだよな。
学生の時は4年間、コーラス部に所属し、それはそれは充実した
学生生活を送っていた。
演奏会が近くなると、朝から夜まで、ほんと、歌漬けの毎日だったなあ。
でも全然苦じゃなかったし、苦手な腹筋ですら楽しかった。
歌っている時の私は、そこに100%”いる!!”って感じ。
その瞬間を100%”生きている!!”っていうのかな。

好きな事をやっている時って、きっとみんなそういう感覚なんだろうな。
そしていくらやっても疲れないし、反対にエネルギーが満ちてくる。
そう、まるでどんどんエネルギーが溢れて止まらない状態だ。

よし!!決めた!
7月からレッスンに通うぞ!!
[PR]
by uchan4123 | 2004-06-24 23:59

やったね!!

今日の私はすごい!!(あっ、もう日付けは昨日か)
めちゃめちゃ早起きして、仕事と家事と、今日やる事をすべて午前中に
済ましてしまった。
家で仕事をしている事が多い為、どうもメリハリのない生活になって
しまっている今日この頃。
いつもどうにかしたいなあ、と思いつつ行動を起こせずにいた。
今日はたまたま何故だか早くに目が覚めたので、「よし、今日は午前中に
全部終わらせてみよう!!」って思った。
「やらなくちゃ!!」じゃなくて、「やってみよう!!」って思ったのが
”みそ”だったみたい。
ちょっぴりゲーム感覚で楽しかった。
掃除して、洗濯して、植木に水をやって、、、etc,それから残った時間に
思いっきり集中して仕事をやったら、なんといつもの時間の半分で仕上がってしまった。
「なんだ、やれば出来るじゃん!!」って感じ。
お陰で、午後は気分爽快、とても有意義に時間を使う事が出来た。
「やらなくちゃ!」とか「どうせ出来ないしなあ」なんて考慮で立ち止まることなく、ただ”やる”。ほんと、それだけのことなんだなあ。
[PR]
by uchan4123 | 2004-06-24 01:50

ふと浮かんだので、、

未知の事にチャレンジする時、不安や恐れがあって当然。
まして自信なんか無いも同然。
人は”自信がないから出来ない”と思っている。
でもそれって既にパラダイムだ。

本当に”自信”がないと出来ないのだろうか?
自信がなくても、とにかくやらなきゃいけない状況であれば、なんとか
やってしまった経験ってあるはず。
今までやったことがないことなんだから、自信がなくて当たり前。
ただ”今の自分には自信がないのだ”、ということを、単なる事実として認める。
自信がないのは、プラスでもマイナスでもない。
”自信がない”、それだけのこと。
そしてあとは”やる”という立場をとるだけ。
自信は行動した結果、後からついてくるから大丈夫。
[PR]
by uchan4123 | 2004-06-22 23:15

研修終了

3日間の研修、無事終了。
今日はもうヘロヘロ。頭は痛いし、体は痛いし、朝は全然起きられなかった。
でもとても静かなエネルギーに満ちているという感じがする。

今回の講師は、以前から親しくさせて頂いてるかおりさんだった。
彼女は研修講師でもあり、コーチでもあり、母親でもあり、そして自営をしているご主人のビジネスパートナーでもあり、というパワフルウーマンである。
私がとても尊敬している人。
3日間、かおりさんの講師としての参加者との関わり方は、もう、感動するぐらいにすごかった。
今回、参加者は20人程だったのだが、かおりさんは徹底的に、本気でひとりひとりと関わっていた。(超能力者か!?)と思う程、みんなの事を見抜いており、私達を前進させる為に時には、かなり厳しいフィードバックをしたりしていた。普段のかおりさんからは、ほんと、想像もつかないぐらい。
かおりさんの本気、そして私達を思う気持ちが伝わるから、みんな、本気になって次々と課題に取り組んで行った。
最終的には、なんと全員がそれぞれの枠を突破することが出来てしまった。

相手のことを真剣に考え、本気で、そして偽ることなく接する。
相手と苦しみと喜びを一緒に分かち合う。
これって、一番大事なことだけど、一番難しい。
でもそのような関わりの中で、人は前進し、変化していく
事が出来る。

今回の研修で学んだ事、得た物を生かしながら、
私もかおりさん目指して、一歩一歩進んで行こう。
[PR]
by uchan4123 | 2004-06-21 20:45

7つの習慣

久々に「7つの習慣」を読んだ。

いつもパラダイムの話の所は、何度も読みかえしてしまう。

人間は物事を「あるがままの姿」で見ずに、自分の過去の経験や価値観等によって「あるべき姿」として認識してしまう。
そしてこれが、私達の行動や態度、考え方そのものに影響してしまう。

コーチングによって、様々な人をこのパラダイムの呪縛から解放し、
パワフルに前進させていくのが、私の理想。
もちろん、自分自身も今あるパラダイムをどんどんシフトさせていく
ことが必要だけど。
明日から3日間のリーダーシップ研修で、いくつシフトさせることが
出来るかな。
[PR]
by uchan4123 | 2004-06-17 23:05 |

おじいちゃん

さあ、今週も張り切って行こう!!
週末は名古屋のおじいちゃんに会ってきたので、今日の私はかなりパワーUP
している。むふふふ、いいぞ!!
おじいちゃんと言っても旦那の方のおじいちゃんなのだが、私はこの名古屋の
おじいちゃんが大好きだ。
密かに私のメンターだと思っている。

おじいちゃんがよく言うのは、「毎日生きるのに一生懸命」という言葉。
一度癌になったのにも関わらず、おじいちゃんはとっても元気。
健康管理や体力維持には人一倍努力をしている。
例えば、足の筋力をつける為に毎日15分から1時間自転車を漕ぎ、散歩(ウォーキング)は欠かさない。食生活についても試行錯誤しながら、自分に一番合った食事療法を見つけ、実践してきた。
そして常にプラス思考なのだ。
おじいちゃんは、毎晩ふとんに入ると、海に沈む夕日をイメージするそうだ。
そして「ああ、きれいだなぁ、しあわせだなぁ」という気持ちで満たされて、
眠りにつくらしい。
そうすることによって、その日にあった嫌な事も全部清算されて、次の日の朝はとても気持ちよく起きられるんだよ、と言っていた。

おじいちゃんは、本当に一日一日を大切に生きている。
命の重さ、そして時間の重さを心底実感しているからなんだろうな。
会う度にいろいろな事を教えてもらえる。
また秋になったら会いに行きたいな。
[PR]
by uchan4123 | 2004-06-14 23:18